知多市新知台にある耳鼻咽喉科・アレルギー科|新知台耳鼻咽喉科

〒478-0064
愛知県知多市新知台2丁目4番30
月火水金:9:30~12:30/14:30~17:30土:9:30~13:00
【休診日】 土曜午後・木曜・日曜・祝日

tel:0562-54-2700
予約専用050-5212-9503

医師・スタッフ紹介

LINE@
Facebook
Instagram
Twitter
YouTube
Mobile
HOME»  医師・スタッフ紹介

ご挨拶

ホームドクターとして、地域の皆様に信頼していただけるクリニックを目指し平成30年6月5日に開院致します。
当院では患者さんの苦痛・不安をよく聞いて、病状や治療方法を丁寧に説明し、治療を進めていくことを大切にしています。
耳、鼻、喉に関するお悩みがあれば、お気軽にご相談ください。
また、当院に対してもお気づきの点があれば、おっしゃっていただけると幸いです。

院長 大山 俊廣

経歴

平成5年
藤田保健衛生大学医学部卒
平成5年
藤田保健衛生大学病院研修医
平成7年
藤田保健衛生大学医学部医学研究科耳鼻咽喉科専攻
平成11年
藤田保健衛生大学医学部耳鼻咽喉科(定員外)助手
平成11年
碧南市民病院耳鼻咽喉科医長
平成14年
蒲郡市民病院耳鼻咽喉科
平成15年
大同病院耳鼻咽喉科部長

所属学会

  • 日本耳鼻咽喉科学会
  • 日本気管食道科学会 など

資格

  • 日本耳鼻咽喉科学会認定 耳鼻咽喉科専門医・専門研修指導医
  • 日本気管食道科学会認定 専門医(咽喉系)
  • 日本耳鼻咽喉科学会 補聴器相談医
  • 日本耳鼻咽喉科学会認定 騒音性難聴担当医
  • 日本医師会認定産業医
  • 医学博士

スタッフの紹介

スタッフ一同いつでも笑顔を絶やさずに、皆様のご来院をお待ちしております。
ご不明な点がありましたら、遠慮なくお問い合わせください。

看護師・事務

本多 恵子 (看護師)
子育てに少し余裕ができ、短時間でもまた看護師として働きたいと思い探していたところ縁あって採用していただきました。
ブランクもあり、耳鼻咽喉科もクリニックでの就労も初めてで不安も大きかったのですが、新しい分野での経験がとても新鮮で勉強になっています。
院長をはじめとして周りのスタッフの方の人柄も良く、日々楽しく働かせていただいています。
信条をもとに目標を持って働く仲間と日々成長していける職場に出会えたことに感謝しています。

山下 由美 (看護師)
家庭の事情により昨春に常勤として転職しましたが、先の転職先を健康上の理由により短期間で退職、暫くの療養期間を経てご縁を頂き新知台耳鼻咽喉科に採用して頂きました。
今までに経験のない診療科で不安もありましたが、院長先生はじめスタッフの方々に丁寧に根気強く指導していただいたおかげで、今も頑張って勤めさせて頂いています。
クリニックに携わる全ての人にとって、やさしく理念でもある気持ちの良い医院を目指しこれからも努めていきたいと思っています。

加古 のぞ美 (看護師)
これまで総合病院で看護師として働いていましたが、結婚を機に夜間勤務のない仕事をと探していたところ、求人サイトを通じて当院で働かせていただくこととなりました。
クリニックで働くのは初めてでしたが、マニュアルがしっかりしており、先輩方の丁寧なご指導もあり、安心して働くことができています。
時間外勤務も少ないため、仕事とプライベートの両立しやすい環境が整っており、働きやすい職場です。

鈴木 織恵 (看護師)
面接の時からスタッフさんや先生の気配り、優しさがとても良い印象でした。
耳鼻咽喉科は初めての分野で不安もありましたが、マニュアルがしっかりしており、それを元に丁寧に指導して下さるので、安心して仕事ができます。
仕事上で、困ったことがあってもサポートして下さり、優しいスタッフに恵まれている事にとても感謝しています。
今後も、仕事を通して成長できるように向上心を持って頑張っていきたいと思っています。

竹内 友美 (事務)
開院より医療事務午前のみパートとして働いております。
以前にも耳鼻科で勤務しておりましたが出産・子育てのため少しブランクがありとても不安でしたが、全ての業務にマニュアルがあり動画でも見ることができ、分かりやすく、すぐに理解を深めることができました。
優しいスタッフにも恵まれ、子育てしながらでも働きやすい環境でとても助かっています。
これからもおもてなしの心を大切に、日々努力していきたいと思います。

中原 小百合 (事務)
私は以前、他のクリニックに勤務していましたが、結婚後に退職しました。
その後、もう一度クリニックで働きたいと思い、インターネットの求人にてご応募しました。
見学をさせていただいた時、スタッフの皆さん優しい方が多い点や、チームワークを大切にしている点に惹かれました。
また、患者さんへの心遣いについても意識が高いことに感心しました。
入職後、最初に各マニュアルをいただいたので、覚えていく過程もスムーズでした。
今後も、スタッフの皆さんと協力し、自分自身も前向きな気持ちで頑張っていきたいです。

谷口 凪沙(事務)
私は医療事務の専門学校に通っていました。当院を見学した際、感謝があふれている職場だと感じ、この温かい雰囲気で働きたいと思い応募させて頂きました。
当院では動画マニュアルもあり、実際に業務を行う前から流れをイメージして実践することが出来るため、成長できる機会が多いと感じました。また、分からないことやチェックリストで出来ていないところは先輩方が一から丁寧に教えて下さるので仕事が覚えやすい環境が作られています。
先輩方、患者様にありがとうと言っていただけるように日々努力し、人としても成長できるように頑張ります。

前浪 実那子 (事務)
私は医療事務の専門学校に通っていました。
その際に当院の求人を見て応募させていただきました。
マニュアルが完備されており、先輩方が丁寧に教えてくださるのでしっかり学ぶことが出来ます。また、当院には先輩とのバディ制度や月に一度面談があり、話を聞いていただきやすく、アドバイスを頂くことも出来ます。先輩方と交流することによって自分自身の成長にも繋がり
笑顔が溢れておりスタッフ同士感謝の言葉を伝え合っているのでとても雰囲気の良い職場だと思います。常に向上心を持って仕事に取り組めるのでやりがいを感じます。
私も先輩方のように信頼される医療事務員になれるよう日々努力していきたいと思います。
 

スーパーバイザー

山森

以前、当院に5年ほど勤めており転居を機に退職しましたが、分院展開のタイミングでお声をかけていただき、現在、スーパーバイザーとして仕事をさせていただいております。
本院での経験を生かして、分院において業務や接遇面でのアドバイスをさせていただいております。
医療法人FUKUJINは、何よりもおもてなしの心を大切にしています。スタッフ全員がその心を持って、さらに「今よりも良いおもてなしをするためにはどうしたらいいか?」と日々考えながら仕事に取り組んでいます。答えが出ず、迷うこともあるかと思います。そんな時に、経験をふまえて、助けになるようなアドバイスが出来ればと、努めております。

北原

退職後に、縁あって別会社にてレセプト業務を担当させていただくこととなりました。
現場を離れたことにより、スタッフとして働いていた時には気が付かなかったことも様々な角度から見ることができ、新鮮な気持ちです。
クリニックにはほぼ月に1回の訪問ですが、皆さんの成長を見ることができ嬉しいです。

新知台耳鼻咽喉科 働くスタッフの声


 
 

院長 大山俊廣 をさらにお知りになりたい方へ

幼少期

私は幼少期からおとなしくて血を見るのも嫌いな気の弱い子供だったそうです。車が大好きで、いつもミニカーで遊んだり、車の絵をかいていました。このころの夢は自動車屋さんになることでした。ところが、小学校2年生の時に顎の骨の炎症で手術を受けたことをきっかけに、人を治す仕事のすばらしさを知り、漠然と医療の道に進もうと思うようになりました。たまたま6年生の下校時に声を掛けられ出演したラジオ番組でも、将来の夢を聞かれ「医者になりたい。」と答えていました。

学生時代

中学高校は6年間一貫校の東海中学・東海高校に通い勉学にいそしみ、部活は天文部に所属していました。そして両親や祖母の協力もあり、子供のころからの夢であった医師になるため藤田保健衛生大学医学部に入学しました。大学時代はそれまでが男子ばかりの環境だったため、華やかな部活動に憧れて混声合唱団に入部。もともと人前に出たりするのは苦手ではありましたが、歌うことの楽しさに魅了され、人前に出て歌えるようになり、最終的には合唱団長として学園祭でオーケストラをバックにソリストを務めるようになりました。そして部活の先輩が大学の耳鼻咽喉科教室で故岩田重信教授のもと音声の研究をしており、その研究に協力した際に「耳鼻咽喉科は内科的な治療と外科的な治療を併せて行うことができるし、発声機能の研究もできる。」とその先輩から強く勧められ、結果的にはこれが耳鼻咽喉科を選択するきっかけとなりました。

研修医・勤務医時代

大学卒業後そのまま保健衛生大学病院の研修医となり、耳鼻咽喉科教室に入局させていただきました。研修医時代は耳鼻咽喉科の研修時間の後には2-3日に一度のペースで大学病院の時間外外来当直があり、ほとんど毎日病院にいる生活を送りました。そのような忙しいなかでも、同期の先生たちと時間を見つけては飲みに行ったり、遊びに行ったりと充実した研修医ライフを送っていました。研修修了後は大学院に進学し音声障害についての研究を行い、先輩方の協力もあって無事学位を取得することができました。その後は大学病院でしばらく助手を務めた後は碧南市民病院、蒲郡市民病院、大同病院に勤務し、そこでのたくさんのスタッフや患者さんとの素晴らしい出会いが耳鼻咽喉科医として自分を大きく育ててくれました。

今回、新知台耳鼻咽喉科院長に就任いたしましたのは、大学時代の同級生で東海市のふくおか耳鼻咽喉科 福岡敏先生より、「知多市では市民病院が合併移転し、開業医も1件閉院してしまったため、現在耳鼻咽喉科は開業医1件だけしかなくて患者さん達が困っている。先生に知多市に是非きてほしい。」と声をかけていただいたのがきっかけでした。もともと前任地の大同病院は名古屋市南区にあり、名古屋の南部から東海市、知多市などの患者さんが多数来院されていました。そこで、今まで自分を育ててくださった地域の方々にいつかは恩返しできたら、そして少しでも地域医療に自分が貢献出来るのならばと思い、やさしいクリニックを目指して平成30年6月に開院するに至りました。

開院後は、来院された患者さんからは近くに耳鼻科がなくて困っていたという声もいただき、ここで開院してよかったと深く感謝するとともに、スタッフ一同O・M・O・T・E・N・A・S・H・I(おもてなし)の心で患者さんやそのご家族に接し、まずは地域の方々に必要とされるやさしいクリニックとなり、5年後には満足度地域No.1の耳鼻咽喉科となることを目標に精進してまいる所存です。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

新知台耳鼻咽喉科
院長 大山 俊廣

PageTop